京都検定合格タクシーHomePageはこちら⇒

HOMEへ

京都の観光はタクシーで!~50%割引あり

京都観光タクシー同友会の観光案内

【安井金毘羅宮】《祭神・崇徳天皇(すとくてんのう)大物主神(おおものぬしのかみ)源頼政(みなもとのよりまさ)075-561-5127

 後白河法皇の詔によって建治年間(1275〜77)に建立された、光明院観勝寺という寺が起こり。光明院観勝寺は応仁の乱(1467〜77)の兵火により荒廃、のち、1695年(元禄8)に太秦安井にあった蓮華光院が当地に移建され、その鎮守として崇徳天皇に加えて、讃岐金刀比羅宮(ことひらぐう)より勧請した大物主神と、源頼政を祀ったことから安井の金比羅さんの名で知られるようになる。明治維新の後、寺を廃して安井神社と改称したが、第二次大戦後、安井金比羅宮となり現在に至る。

◆悪い縁を切り、良縁を結ぶ 主祭神の※崇徳天皇が、讃岐の金刀比羅宮で一切の欲を断ち切って参籠(さんろう)したことから、断ち物の祈願所として信仰されてきた。また、戦によって寵妃烏丸殿と死別した崇徳帝の悲しみの気持ちは、幸せな男女のえにしを妨げる全ての悪縁を絶ちきってくれるという。男女の縁はもちろん、病気、酒、煙草、賭事など、全ての悪縁を切る。

※崇徳天皇(1119-1164) 第75代天皇(在位1123〜1141)。鳥羽天皇第一皇子。鳥羽上皇の圧力で異腹の近衛天皇に譲位、新院と称した。のち保元(ほうげん)の乱を起こし、讃岐(さぬき)に配流され、同地で没した。墓を白峰(しらみね)陵という。

◇海上・交通安全 大物主神は、古くから道開きの神様として信仰されている。特に讃岐の金刀比羅宮は海上交通の守り神とされてきた。当宮は京都市内唯一の金比羅さんとして、釣り人やマリンスポーツを楽しまれる方の信仰を集めている。

◆縁切り縁結び碑 高さ1.5m、幅3mの巨石で、中央の亀裂を通して神様のお力が下の円形の穴に注がれているという。まず、形代(かたしろ)に願い事を書いて、碑の表から裏へ穴を通って悪縁を切り、裏から表へ通って良縁を結ぶ。最後に形代を碑に貼って祈願する。

■金比羅絵馬館 昭和51年に開館した日本初の絵馬ギャラリー。全国の絵馬や日本最古の絵馬を保存・展示する。

■ガラスの部屋 19世紀のアール・ヌーボ(エミール・ガレ、ナンシー・ドーム)デコ(ルネ・ラリック)パート・ドベール(アマリック・ワルター、アルジー・ルソー)等の小品がユニークな配置で展示されている。

参考資料 昭和京都都名所図会 竹村俊則著より

京都検定HOME おすすめ観光コース 貸切料金表 お薦め食事処
こだわり観光コース 中井タクシーのブログ お薦めお休み処・お土産
紅葉観光コース 観光社寺一覧 タクシードライバーの研修会