京都検定合格タクシーHomePageはこちら⇒

HOMEへ

京都の観光はタクシーで!~50%割引あり

京都観光タクシー同友会の観光案内

【鹿王院】《単立・臨済宗》075-861-1645

 1379(康暦元)年、足利義満が普明国師(ふみょうこくし)春屋妙葩(しゅんおくみょうは)を開山に宝幢寺(ほうどうじ)を建立、京都五山十刹の十刹第五に位置づけた。その時、普明国師は、自ら塔所を宝幢寺内に建て、これを「鹿王院」と称した。この土地を開いたとき野鹿が群れをなして現れたのでこの名がある。応仁の乱で荒廃し宝幢寺のほうは衰え、鹿王院だけが残った。慶長の大地震(1614)で伽藍は倒壊したが、寛文年間(1660年代)酒井忠知の子・虎岑(こしん)和尚のとき堂宇を修理再興して今日に至る。

■山門 ()脚門(きゃくもん)で、唯一(ゆいいつ)の創建(南北朝)時の建物。「覚雄山」の三字額は開基・足利義満(23歳)の自筆。「覚雄」とは“悟りにいたりし威大力の英雄”の意で“釈迦=仏陀”をいう。山門から中門までは、天台烏薬(うやく)などの銘木が繁る。一休和尚も少年の頃この山門をくぐって、ここで維摩経(ゆいまきょう)の提唱を聴いたという。

◆庫裏 1660年代(寛文年間)の再建。玄関正面に韋駄天(いだてん)を安置する。韋駄天とは、バラモン教の軍神で仏教に取り入れられ、伽藍(がらん)の守護神となる。仏舎利(ぶっしゃり)を盗んだ鬼神を追いかけて取り戻したという俗説から、俊足(しゅんそく)の代名詞となる。

■本堂 1676(延宝4)年の再建。開山堂と仏殿を兼ねる。内部には本尊・釈迦如来像および普明国師(ふみょうこくし)・足利義満の像を安置し、堂下には国師の墓がある。

◆客殿 1890(明治23)年の再建。「鹿王院」の三字額は山門の額と同じく足利義満の自筆。「印」に「天山」とあるのは義満の道号。

◇客殿前庭 江戸時代の作庭。平庭式の枯山水庭園で、杉苔に覆われた中に三尊仏の石組を中心として20数個の石組を配し、嵐山を借景にして浄土世界の様相をあらわそうとしている。周りには、樹齢400年を超えるモッコクをはじめ、クロモチ、カゴノキなどの古木が植わる。これらの木々は、江戸時代の「拾遺(しゅうい)(みやこ)名所(めいしょ)図会(ずえ)」にも描かれており、年輪を重ねるごとに、庭園に力強さを加える。庭の南側にある沙羅(さら)双樹(そうじゅ)は、6月下旬に見ごろを迎える。

■舎利殿 内部は内陣・外陣に分かれ、内陣には、源実朝(みなもとのさねとも)が中国・宋より将来したという仏舎利、荼毘(だび)に付した釈迦の体から残った歯「仏牙舎利(ぶつげしゃり)」を納めた多宝塔(たほうとう)を安置する。この仏牙舎利(ぶつげしゃり)は毎年10月15日に一般公開される。舎利殿の前には、室町時代から伝わる「三尊石組」があり、釈迦三尊を表現する。

■茶室(芥室(かいしつ)) 俳優・大河内伝次郎が昭和6年に寄進。「軸」は、後小松天皇による三条室町の地を鹿王院領とすることの宸翰(しんかん)である。

参考資料 昭和京都都名所図会 竹村俊則著より

京都検定HOME おすすめ観光コース 貸切料金表 お薦め食事処
こだわり観光コース 中井タクシーのブログ お薦めお休み処・お土産
紅葉観光コース 観光社寺一覧 タクシードライバーの研修会